事故状況・過失割合の調査

事故状況によって、加害者の過失と被害者の過失の割合が決まります。これを「過失割合」と言います。

慰謝料のうち加害者に請求できるのは、加害者の過失に相当する部分だけで、被害者の過失に相当する部分は差し引かれますので、「過失割合」はとても大事になってきます。

しかしながら、被害者がお亡くなりになった事故の場合、事故状況を知っているのは、目撃者がいなければ、加害者のみです。加害者は自分に都合のよいように話をするかもしれません。

リンクスの弁護士は、加害者の言い分が正しいのかを確認するため、事故状況が記載されている刑事記録を丹念に検討し、必要に応じて事故現場を訪れています。

このようにして事故状況を十分に検討し、被害者に不当な落ち度(過失)が認められないよう、万全の体制を敷いています。

リンクスの弁護士が解決に関わった事例をご覧ください。

LINX FILE 00860km超の速度違反があった死亡事故の過失を認めない保険会社

依頼前

保険会社は60km超の速度違反より右折した被害者が悪いと主張

依頼後

警察の速度鑑定を取り寄せ保険会社の主張を粉砕

ご相談の経緯

被害者男性は、交差点を右折しようとしたところ、直進車にひかれて、お亡くなりになられました。

通常の事故では、直進車優先のため、右折車の過失が大きくなりますが、本件事故では、直進の加害者が制限速度を50~65キロメートル以上オーバーしていたため、加害者の過失の方が大きくなるところでした。

ところが、保険会社は、加害者の制限速度違反はせいぜい10~30キロメートルであり、この程度では右折の被害者の過失の方がかなり大きくなると主張していました。

リンクスの弁護士は、被害者男性のご遺族からご依頼を受け、事故状況の検討を進めました。

解決のポイント

この事件では、警察が、直進車の速度を鑑定していましたが、計算の根拠が示されていませんでした。

保険会社は、そこに付け込んで、警察の計算は過程が示されていない杜撰なもので信用できないと主張し、独自の鑑定書を提出しました。

そこで、警察の専門家の協力を得て、計算過程を明らかにする作業を行いました。

裁判所は、直進車が後続車の速度よりも高速で走っていたことからも、直進車は高速で走行していたことが伺われると認定し、被害者側の言い分が認められることになりました。

 

リンクスは正しい過失割合で交通事故を解決

リンクスの弁護士は、800人以上の交通事故被害者の方から無料相談をお受けし、400人以上の交通事故被害者の方からご依頼頂いてきました。

その中で、事故状況を丹念に調査検討し、正しい過失割合での解決を図ってきました。

リンクスのススメ

リンクスでは、事故状況を徹底的に調査されたい方正しい過失割合での解決を目指したい方をはじめ交通事故で大事な方を亡くされたご遺族の方のため、無料相談をさせて頂いておりますので、是非ご利用ください。

法律事務所リンクスの無料相談のモットーは、「敷居を低く、分かりやすく。」。
京都・関西の交通事故の被害者のみなさま、地元の法律事務所リンクスにお気軽にご相談ください。

私たち交通事故専門のスタッフがみなさまのお問合せをお待ちしています。

法律事務所リンクスは四条烏丸から南に徒歩4分

下京(旧五条)警察署の北隣のビルの5階

〒600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680
インターワンプレイス烏丸Ⅱ 5階
LINXの無料相談は「相談料・着手金無料」「弁護士特約利用可」賠償金の増額がない場合は報酬を頂きません!まずはお気軽にお電話ください。LINXの交通事故無料相談 TEL:075-353-4116 [受付時間] 平日:9時30分~17時30分 メールでの相談予約は24時間受付