むちうちの慰謝料は通院日数・期間で決まる?

交通事故の慰謝料を決める第1の要素は通院日数と通院期間です。

みなさんも通院1日4200円という数字をお聞きになったことがあるかもしれませんが、これが慰謝料になります(5700円は休業損害の数字です。)。
したがって、通院日数が増えるほど、慰謝料の額が増えることはすぐにお分かりいただけることだと思います。

この4200円という数字は自賠責保険の慰謝料の額で、正確には次の計算式のうち、少ない額が自賠責保険の慰謝料になります。

  1. 4200円×通院期間(治療開始日から治療終了日までの日数)
  2. 8400円×通院日数(実際に通院した日数)

とすると、実際に通院した日数が少なければ、慰謝料も少なくなるので、通院日数が重要であることがお分かりいただけると思います。

相手方が支払うべき慰謝料の基準は?

ところで、みなさんが相手にしている保険会社は、相手方の任意保険会社であって、自賠責保険ではありません。
したがって、相手方の保険会社が支払うべきは、自賠責保険の基準の慰謝料ではなく、より高額の慰謝料であるべきです。
でなければ、自賠責保険の保険料とは別に、任意保険の保険料が支払われている意味がないからです。
それに、そもそも、自賠責保険には治療費と休業損害と慰謝料を合わせて120万円までという上限があるので、みなさんの損害のすべてを支払うことなどできません。
では、相手方の保険会社は、いかなる基準の慰謝料を支払うべきなのでしょうか?

交通事故の慰謝料に3つの基準がある

慰謝料の3つの基準

保険会社が本来支払われなければならない慰謝料の額は、裁判所が定めた裁判基準の額です。
日本は法治国家ですので、裁判所が定めている基準が正当な基準になるからです。

ところが、保険会社は、そのような基準で支払おうとはせず、まずは自賠責基準の慰謝料や休業損害を提示するのが普通です。
自賠責基準の慰謝料の支払いで済めば、後で自賠責から示談金全額を回収できるので、懐が痛まないからです。
保険会社は、保険料を多く集めて、保険金を少なく支払うことで利益を得ている営利企業だということを知っておくべきです。

しかし、保険会社と言えども、このインターネットで知識が蔓延している時代ですので、少し勉強している被害者の方を相手とする場合には、自賠責基準の慰謝料では納得してもらえないことは分かっています。
この場合に持ち出されるのが任意保険の基準という保険会社内部で作られた根拠のない基準です。
しかし、この基準も裁判基準に比べれば、とても低いものです。

では、保険会社に裁判基準の慰謝料を支払わせるにはどうすればよいのでしょうか?
保険会社に裁判基準で慰謝料を支払わせるのに、必ず裁判をしなければならないわけでがありません。しかし、弁護士への相談は不可欠です。

なぜ弁護士に相談しなければ裁判基準の慰謝料が支払われないのか?

それは、弁護士に相談しなければ、保険会社は被害者から裁判を起こされるかもしれないという脅威を感じないからです。

弁護士に相談することで保険会社は裁判の脅威を感じます。そして、保険会社は裁判になってしまうと、弁護士に依頼しなければならなくなる上に裁判基準の慰謝料を支払う羽目になるので、弁護士費用を支払わなければならなくなる分だけ損することになります。

被害者は弁護士に相談することで、裁判基準での慰謝料を受け取ることができる可能性が大いに高まるのです。

では、3つの基準で慰謝料にどれくらいの差が出るのでしょうか?

3つの基準では慰謝料にどれくらいの差が出る?

では、3つの基準では慰謝料にどれくらいの差が出るのでしょうか?
かつてリンクスの弁護士がご依頼を受けた主婦の方の事例をもとに、ご説明差し上げます。

LINX FILE 009弁護士に依頼した被害者主婦が260万円の慰謝料UPに成功

依頼前

自賠責基準をベースに100万円余の提案

依頼後

弁護士に依頼しただけで70万UP&
弁護士による後遺障害獲得で190万UP

ご相談の経緯

被害者女性(40代主婦)は、追突事故に遭い、頸部捻挫と診断されました。
被害者女性は、半年余りの間に80日病院に通院し、まだ首が痛かったのですが、保険会社から慰謝料はきちんと補償しますと言われ、治療を終了しました。

その後、保険会社から示談金の提示を受けたところ、休業補償が5700円×30日=17万1000円、慰謝料が8400円×80日=67万2000円と書いてありました。
被害者女性は、休業補償が少ないのではないか、慰謝料はこれで適正なのかなどと疑問に思い、保険会社にもう少し増額できないか連絡しました。

被害者女性は、保険会社から「休業日数を5700円×60日=34万2000円にするので示談してほしい」と言われ、合計100万円余で示談しようかと考えたのですが、インターネットで検索したところ、増額する可能性があるのではないかと思い、リンクスの弁護士に無料相談することにしました。

リンクスのアドバイス① 裁判基準への増額


リンクスの弁護士は、被害者女性に対し、慰謝料の3つの基準を説明した上で、弁護士に依頼して、次のように、裁判基準で請求することをアドバイスしました。

① 休業補償の増額

  1. 保険会社の採用する5700円は自賠責基準の安い日額なので、裁判所が使用する女性の平均賃金(平成29年は年額377万8200円なので、日額1万0351円になる)を採用してもらうよう請求。
  2. 休業日数はいろいろな考え方があるが家事労働が大きかったため通院日数分で請求。

これが認められれば、休業補償は、1万0351円×80日=82万8080円になり、保険会社提示額の34万2000円から48万円余増額することになります。

② 慰謝料の増額

慰謝料については、3つの基準で次のとおり金額に違いが出るので、弁護士に依頼すれば89万円になり、22万円弱増額します。
なお、これより通院期間が短い場合でも、次のように金額に違いが生じます。

通院期間(通院日数)自賠責基準裁判基準差額
6ヶ月(80日)67万2000円89万円21万8000円
3ヶ月(40日)33万6000円53万円19万4000円
4ヶ月(55日)46万2000円67万円20万8000円
5ヶ月(65日)54万6000円79万円22万4000円

弁護士への依頼で70万円余増額

結局、弁護士による粘り強い示談交渉の末、請求が認められ約70万円増額(100万円→170万円)することになり、弁護士費用を差し引いても約30万円プラスになることが分かりました(弁護士特約がある場合には70万円余の増額分がそのまま手取りになります)。

リンクスのアドバイス② 後遺障害等級の獲得

リンクスの弁護士は、被害者女性がまだ首が痛い状態が続いているとのことだったので、後遺障害診断書を作成してもらった上で、後遺障害等級認定の申請をすることを提案しました。

被害者女性は、リンクスの弁護士が後遺障害診断書の作成方法のサポートや後遺障害等級の申請の代行をしてくれるということだったので、リンクスの弁護士に依頼した結果、後遺障害14級を獲得することができました(その詳しい方法が知りたい方は、「むちうちで後遺障害を獲得したい」をご覧ください。)。

その結果、次のような補償を得られることになりました。

① 後遺障害慰謝料

後遺障害が認められたことによって新たに後遺障害慰謝料が支払われることになり、裁判基準で110万円が支払われました。

② 後遺障害逸失利益

後遺障害が認められたことで後遺障害による将来の休業補償である逸失利益(後遺障害によって失うことになる利益)が支払われることになり、14級の場合、裁判基準では年収が5%減額する状態が5年程度(4.3295年)続くと考えて補償を受けられます。
女性の平均賃金377万8200円×0.05×4.3295=81万7829円

後遺障害の獲得で191万円余の増額

結局、弁護士に依頼して後遺障害を獲得したことで、後遺障害慰謝料+後遺障害逸失利益で190万円受け取れることになりました。
このように、後遺障害を獲得するかどうかで慰謝料の額は大きく変わってきますので、慰謝料は通院日数だけでなく後遺症で決まるとも言えます。

最終的に260万円余の増額

以上の結果、被害者女性は、次のとおり弁護士解決による補償を受けることができました。

 保険会社提示弁護士解決差額
休業補償 34万2000円 82万8080円 48万6080円
慰謝料 67万2000円 89万円 21万8000円
後遺傷害慰謝料       0円110万0000円110万0000円
後遺障害逸失利益       0円 81万7829円 81万7829円
総額101万4000円363万5909円262万1909円

 その結果、弁護士費用を差し引いても200万円余プラスになることが分かりました(弁護士特約がある場合には260万円余の増額分がそのまま手取りになります)。

このように、交通事故の慰謝料は、弁護士に依頼するかしないかで大きな差が出ますので、交通事故に強い弁護士への無料相談が不可欠です。

リンクスは慰謝料大幅増額の実績が多数

リンクスの弁護士は、1000人以上の交通事故被害者の方から無料相談をお受けし、500人以上の交通事故被害者の方からご依頼頂いてきました。

その中で、多種類の後遺障害等級認定を多数獲得し、保険会社に慰謝料の大幅増額を認めさせてきました。

LINXに依頼した場合の慰謝料Before ⇔ After

リンクスのススメ

リンクスの弁護士は保険会社の示談提示額からの大幅増額の実績が豊富です。

リンクスでは、慰謝料の相場についてお知りになりたい方慰謝料を大幅に増額させたい方をはじめ交通事故でお困りの被害者の方のため、無料相談をさせて頂いておりますので、是非ご利用ください。

法律事務所リンクスの無料相談のモットーは、「敷居を低く、分かりやすく。」。
京都・関西の交通事故の被害者のみなさま、地元の法律事務所リンクスにお気軽にご相談ください。

私たち交通事故専門のスタッフがみなさまのお問合せをお待ちしています。

法律事務所リンクスは四条烏丸から南に徒歩4分

下京(旧五条)警察署の北隣のビルの5階

〒600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680
インターワンプレイス烏丸Ⅱ 5階
LINXの無料相談は「相談料・着手金無料」「弁護士特約利用可」賠償金の増額がない場合は報酬を頂きません!まずはお気軽にお電話ください。LINXの交通事故無料相談 TEL:075-353-4116 [受付時間] 平日:9時30分~17時30分 メールでの相談予約は24時間受付