このページでご紹介するLINXの弁護士の解決実績

LINX FILE 053会社役員の休業補償を認めない保険会社

依頼前

役員報酬は労働の対価ではないと言われてご相談

依頼後

労働の対価であることを認めさせ14級で破格の775万円獲得

会社役員の休業補償

会社役員の報酬には、労務の対価のほかに、利益配当が含まれると考えられています。そして、利益配当は、交通事故で働けなくても支払われるので、補償の対象にはならないとされています。

そこで、役員報酬のうち労務の対価に当たる部分(労務対価部分)をどの程度のものと評価してもらえるかによって、休業補償や後遺障害が仕事に与える影響の補償(逸失利益)が変わってくることになります。

つまり、交通事故の被害者としては、労務対価部分をいかに大きく認めさせるかが、大事になってきます。

労務対価部分を決める要素には、次のようなものがあります。

会社の規模

大企業では大部分が労務対価部分として評価されます。 これに対して、当該役員がオーナーである企業またはオーナーと近い関係にある企業になればなるほど、利益配当部分を大きく見る余地が出てきます。


事故後の会社の利益状況

事故後に会社の利益状況が悪化している場合、当該役員が働けないことが影響していると考えられます。そうすると、当該役員の報酬は、当該役員が働くことを前提として支払っていたと考えられますので、労務の対価としての評価が高くなります。


当該役員の地位・職務内容

当該役員が実質的に働いているか、どのような仕事をしているのか。実質的な働きをしていればしているほど、難しい仕事をしていればしているほど、労務対価部分が大きくなります。


当該役員の経歴

 当該役員の経歴(特に社内での経歴)と役員報酬の額が、見合ったものになっているかどうか。見合っていないと、利益配当部分が増え、労務対価部分が減ってきます。


他の役員・従業員の職務内容と報酬・給料の額

当該役員と他の役員・従業員の職務内容の違いと報酬・給料の額の違いが、見合ったものになっているかどうか。見合っていないと、利益配当部分が増え、労務対価部分が減ってきます。


事故後の当該役員の報酬額の推移

当該役員の報酬が減額されていないと、当該役員の報酬は、当該役員が働くことを前提としたものではなかったと考えられますので、労務の対価としての評価が低くなります。
もっとも、当該役員がオーナーまたはオーナーと近い関係にある場合、当該役員の報酬はある程度自由に決められますので、減額したからといって、その全額が休業補償として認められるとは限りません。

このように労務対価部分の決定はとても複雑ですし、保険会社はできる限り、役員の労務対価部分を低く見積もろうとしますので、交通事故のプロに相談することで、これに対抗していかなければなりません。

リンクスの弁護士の解決事例をご覧ください。

LINX FILE 053会社役員の休業補償を認めない保険会社

依頼前

役員報酬は労働の対価ではないと言われてご相談

依頼後

労働の対価であることを認めさせ14級で破格の775万円獲得

ご相談の経緯

動物病院を経営し、1800万円程度の年収を得ていた獣医の被害者が、交通事故でむちうちになり、手先がしびれるなどしました。この間、動物病院自体を休業することはありませんでしたが、被害者が引き受けていた手術の一部などができなくなってしまいました。その後、被害者には後遺症が残ってしまい、14級の後遺障害等級の認定を受けました。

保険会社の主張

保険会社は、事故後すぐに役員報酬を減額しなかったことから、被害者の役員報酬の大部分は利益配当部分であり、休業補償や後遺症による逸失利益(得られたはずの収入を得られないことに対する補償)はほとんど認められないと主張していました。

リンクスの弁護士の活躍ポイント

リンクスの弁護士は、会社の資料を分析して、

  1. 被害者は経営者というだけでなく、獣医という替えのきかない業務に従事していること
  2. 手のしびれは獣医の被害者にとって致命的であること
  3. 実際に一部の手術を実施できていないこと
  4. 被害者の交通事故後に会社の利益が減少したこと
  5. 他の役員・従業員の年収よりも高額ではあるが、業務内容にかなりの違いがあることなどを具体的に証明していきました。

その結果、休業補償、逸失利益等を含め、775万円の補償を獲得することに成功しました。

リンクスは会社役員の休業補償を
支払わせた実績多数

リンクスの弁護士は、800人以上の交通事故被害者の方から無料相談をお受けし、400人以上の交通事故被害者の方からご依頼頂いてきました。

そのなかで、数多くの交通事故被害者の会社役員の方の休業補償を支払わせてきました。

リンクスのススメ

リンクスでは、休業補償のご相談がされたい会社役員の方をはじめ交通事故でお困りの被害者の方のため、無料相談をさせて頂いておりますので、是非ご利用ください。

法律事務所リンクスの無料相談のモットーは、「敷居を低く、分かりやすく。」。
京都・関西の交通事故の被害者のみなさま、地元の法律事務所リンクスにお気軽にご相談ください。

私たち交通事故専門のスタッフがみなさまのお問合せをお待ちしています。

法律事務所リンクスは四条烏丸から南に徒歩4分

下京(旧五条)警察署の北隣のビルの5階

〒600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680
インターワンプレイス烏丸Ⅱ 5階
LINXの無料相談は「相談料・着手金無料」「弁護士特約利用可」賠償金の増額がない場合は報酬を頂きません!まずはお気軽にお電話ください。LINXの交通事故無料相談 TEL:075-353-4116 [受付時間] 平日:9時30分~17時30分 メールでの相談予約は24時間受付