このページでご紹介するLINXの弁護士の解決実績

LINX FILE 017【CRPS7級】
医師の協力を得てCRPS証明&保険会社の減額主張否定の結果4323万円獲得

CRPS(RSD)

CRPS(RSD)とは、日本語では反射性交換神経ジストロフィーと呼ばれていて、外傷により交感神経に反射異常が生じて、慢性的な疼痛や痺れが生じる傷病です。CRPSに特徴的な症状として、灼熱痛、誘発痛(アロディニア)、感覚過敏、浮腫、皮膚の異常、発汗異常などがあります。怪我は軽傷でも、症状は重篤になってしまうことがあり、専門医以外の医師が診断するのは非常に難しい病気です。

これからリンクスの弁護士の解決実績LINX FILE017【CRPS7級】医師の協力を得てCRPS証明&保険会社の減額主張否定の結果4323万円獲得に基づいて、後遺障害等級認定獲得や適切な補償を受けるためのポイントをご説明させて頂きます。

ポイント1 CPRSであること自体の証明

CRPSであること自体を証明するためには、次の3要件が必要とされています。

関節の拘縮

骨の萎縮

皮膚の変化(皮膚温の変化、皮膚の萎縮)

これらの存在を、関節の可動域の検査、レントゲン、サーモグラフィー等により証明することになります。

リンクスの弁護士の解決事例では…

被害者女性は、自転車で横断歩道を渡ろうとしたところ、自動車に衝突されて転倒し、左上肢を地面に強く打ちつけました。被害者女性は、左上肢全体に強い痛みが残り、やがて肩、肘、手、手指の関節が拘縮して、動かなくなってしまいました。被害者女性は途方に暮れてしまい、リンクスの弁護士に依頼されることにしました。被害者女性は、リンクスの弁護士のアドバイスを受け、神経の専門医を受診し、CRPSという診断を受けました。そして、関節の可動域の検査、レントゲン、サーモグラフィーに加えて、筋委縮の検査、筋力の測定を実施しました。

その結果、被害者女性には、関節の拘縮、骨の萎縮、皮膚温の低下、筋の萎縮、筋力の低下の存在が明らかになり、CRPSで7級の後遺障害等級の認定を受けることができました。

ポイント2 CRPSによる損害の専門的証明

CRPSで後遺障害等級認定を獲得しても、保険会社は、被害者の体質に原因があるとか、精神的な影響があると主張して、減額(素因減額)を要求してくることがあります。また、CRPSには改善の可能性があるから、後遺症が影響する期間は短くなるなどと主張して、減額を求めてくることもあります。

被害者は、頑張って後遺障害等級認定を受けても、このような保険会社の減額の主張と闘わなければなりません。

リンクスの弁護士の解決事例では…

保険会社は、裁判において、被害者の体質に原因があることや、被害者女性が事故後、精神科に通院していたことから、精神的影響が大きいと主張し、減額(素因減額)を求めてきました。

これに対し、リンクスの弁護士は、事故後に精神が落ち込んで精神科に通院することはよくあることであると主張したほか、主治医から被害者の体質に原因はなく、精神的影響もないという意見書をもらって、証拠として提出しました。

その結果、裁判所は、判決において、保険会社の減額の主張を退けました

結局、被害者女性は、4323万円の損害賠償金を認められました。

リンクスはCRPSの後遺障害等級の獲得実績多数

リンクスの弁護士は、800人以上の交通事故被害者の方から無料相談をお受けし、400人以上の交通事故被害者の方からご依頼頂いてきました。

その中で、数多くのCRPSの後遺障害等級を獲得し、適正な補償を実現させてきました。

リンクスのススメ

リンクスでは、CRPSの後遺障害でお困りの方適切な後遺障害等級認定を受け、適正な補償をお受け取りになられたい方をはじめ交通事故でお困りの被害者の方のため、無料相談 をさせて頂いておりますので、是非ご利用ください。

法律事務所リンクスの無料相談のモットーは、「敷居を低く、分かりやすく。」。
京都・関西の交通事故の被害者のみなさま、地元の法律事務所リンクスにお気軽にご相談ください。

私たち交通事故専門のスタッフがみなさまのお問合せをお待ちしています。

法律事務所リンクスは四条烏丸から南に徒歩4分

下京(旧五条)警察署の北隣のビルの5階

〒600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680
インターワンプレイス烏丸Ⅱ 5階
LINXの無料相談は「相談料・着手金無料」「弁護士特約利用可」賠償金の増額がない場合は報酬を頂きません!まずはお気軽にお電話ください。LINXの交通事故無料相談 TEL:075-353-4116 [受付時間] 平日:9時30分~17時30分 メールでの相談予約は24時間受付