1 視力の障害が後遺障害等級として
認定されるには?

視力に障害が認められるのは、眼鏡、コンタクトレンズ等を使用した後の矯正視力に障害が残っている場合です。症状と後遺障害等級の対応関係を表にしました。

片目の矯正視力に障害の場合

片目の矯正視力が0.6以下13級
片目の矯正視力が0.1以下10級
片目の矯正視力が0.06以下9級
片目の矯正視力が0.02以下又は失明8級

両目の矯正視力に障害がある場合

両目の矯正視力が0.6以下9級
片目が失明し、別の目の矯正視力が0.6以下7級
両目の矯正視力が0.1以下6級
片目が失明し、別の目の矯正視力が0.1以下5級
両目の矯正視力が0.06以下4級
片目が失明し、別の目の矯正視力が0.06以下3級
両目の矯正視力が0.02以下2級
片目が失明し、別の目の矯正視力が0.02以下2級
両目が失明1級

2 眼球の調節機能の障害が後遺障害となるには?

眼球の調節機能とはピントを合わせる機能です。

調節機能が2分の1以下となった場合に、後遺障害等級が認定される可能性があります。

症状と後遺障害等級の対応関係を表にしました。

片目の調節機能に障害がある12級
両目の調節機能に障害がある11級

眼科でアコモドポリレコーダーを使って測定します。55歳以上の場合は、加齢による調節機能の低下の可能性があるため、後遺障害等級の認定は受けられません。

3 眼球運動障害が後遺障害等級として
認定されるには?

眼球の注視野の広さが2分の1以下になった場合に、眼球の著しい運動障害として後遺障害等級が認められる可能性があります。注視野とは、頭を固定した状態で眼球を動かして直視できる範囲のことです。症状と後遺障害等級の対応関係を表にしました。

片目の眼球に著しい運動障害がある12級
両目の眼球に著しい運動障害がある11級

4 複視が後遺障害等級として認定されるには?

複視が後遺障害として認められるには、

  1. 眼筋の麻痺など複視の原因が明らかであること
  2. ヘススクリーンテストで明らかな異常があること

が必要です。

症状と後遺障害等級の対応関係を表にしました。

正面を見た時に複視がある10級
正面以外を見た時に複視がある13級

LINX FILE 020【複視13級】正面視以外の複視を証明して13級獲得

被害者男性は、脳挫傷を原因として、上方を見た時に複視の症状が残りました。

眼科においてヘススクリーンテストを実施して頂いたところ、上方を見た時の複視の症状が裏付けられたため、13級が認定されました。

リンクスは目の後遺障害等級の獲得実績多数

リンクスの弁護士は、800人以上の交通事故被害者の方から無料相談をお受けし、400人以上の交通事故被害者の方からご依頼頂いてきました。

その中で、数多くの目の後遺障害等級を獲得し、適正な補償を実現させてきました。

リンクスのススメ

リンクスでは、目の後遺障害でお困りの方適切な後遺障害等級認定を受け、適正な補償をお受け取りになられたい方をはじめ交通事故でお困りの被害者の方のため、無料相談 をさせて頂いておりますので、是非ご利用ください。

法律事務所リンクスの無料相談のモットーは、「敷居を低く、分かりやすく。」。
京都・関西の交通事故の被害者のみなさま、地元の法律事務所リンクスにお気軽にご相談ください。

私たち交通事故専門のスタッフがみなさまのお問合せをお待ちしています。

法律事務所リンクスは四条烏丸から南に徒歩4分

下京(旧五条)警察署の北隣のビルの5階

〒600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680
インターワンプレイス烏丸Ⅱ 5階
LINXの無料相談は「相談料・着手金無料」「弁護士特約利用可」賠償金の増額がない場合は報酬を頂きません!まずはお気軽にお電話ください。LINXの交通事故無料相談 TEL:075-353-4116 [受付時間] 平日:9時30分~17時30分 メールでの相談予約は24時間受付