このページで紹介するリンクスの弁護士の解決実績

LINX FILE 021【両眼半盲症9級】両目の半盲症を証明して9級獲得

LINX FILE 022【瞳孔障害12級】右瞳孔反射消失を証明して12級獲得

5 視野の障害が後遺障害等級として
認定されるには?

ゴールドマン型視野計で次の傷病と診断された場合に、視野の障害で後遺障害等級が認定される可能性があります。

  1. 半盲症
  2. 視野狭窄
  3. 視野変状

症状と後遺障害等級の対応関係を表にしました。

(1)片目に半盲症、視野狭窄、視野変状がある13級
(2)両目に半盲症、視野狭窄、視野変状がある9級

LINX FILE 021【両眼半盲症9級】両目の半盲症を証明して9級獲得

被害者男性は、脳挫傷を原因として、両眼の右側の視野が欠ける症状(右同名半盲)が残りました。眼科においてゴールドマン型視野計による検査を実施して頂いたところ、両眼の右側の視野が欠ける症状(右同名半盲)が裏付けられたため、9級が認定されました。

6 瞳孔の障害が後遺障害等級として
認定されるには?

 瞳孔の光に対する反応が異常となり、通常よりもまぶしさを訴えるようになった場合に、後遺障害等級が認定される可能性があります。症状と後遺障害等級の対応関係を表にしました。

(1)片目の瞳孔に障害が残った場合

片目の瞳孔の光に対する反応が不十分で、まぶしさを訴え、労働に支障をきたすもの14級
片目の瞳孔の光に対する反応が著しく異常で、著しいまぶしさを訴え、労働に著しい支障をきたすもの12級

(2)両目の瞳孔に障害が残った場合

両目の瞳孔の光に対する反応が不十分で、まぶしさを訴え、労働に支障をきたすもの12級
片目の瞳孔の光に対する反応が著しく異常で、著しいまぶしさを訴え、労働に著しい支障をきたすもの11級

LINX FILE 022【瞳孔障害12級】右瞳孔反射消失を証明して12級獲得

被害者男性は、脳挫傷を原因として、右眼に通常よりもまぶしさを感じる症状が残りました。

眼科において光に対する瞳孔の反射を検査したところ、右眼の瞳孔反射の異常が認められたため、12級が認定されました。

7 まぶたの障害が後遺障害等級として
認定されるには?

 まぶたやまつげを失ったり、まぶたの動きに障害が残ったりした場合に、後遺障害等級が認定される可能性があります。症状と後遺障害等級の対応関係を表にしました。

(1)片方のまぶたに障害が残った場合

片方のまぶたの一部を失った14級
片方のまぶたの著しい運動障害12級
片方のまぶたを著しく失った11級

(2)両方のまぶたに障害が残った場合

両方のまぶたの一部を失った13級
両方のまぶたの著しい運動障害11級
両方のまぶたを著しく失った9級

(3)まつげを失った場合

片まつげに2分の1以上のはげがある14級
両まつげに2分の1以上のはげがある13級

リンクスは目の後遺障害等級の獲得実績多数

リンクスの弁護士は、800人以上の交通事故被害者の方から無料相談をお受けし、400人以上の交通事故被害者の方からご依頼頂いてきました。

その中で、数多くの目の後遺障害等級を獲得し、適正な補償を実現させてきました。

リンクスのススメ

リンクスでは、目の後遺障害でお困りの方適切な後遺障害等級認定を受け、適正な補償をお受け取りになられたい方をはじめ交通事故でお困りの被害者の方のため、無料相談 をさせて頂いておりますので、是非ご利用ください。

法律事務所リンクスの無料相談のモットーは、「敷居を低く、分かりやすく。」。
京都・関西の交通事故の被害者のみなさま、地元の法律事務所リンクスにお気軽にご相談ください。

私たち交通事故専門のスタッフがみなさまのお問合せをお待ちしています。

法律事務所リンクスは四条烏丸から南に徒歩4分

下京(旧五条)警察署の北隣のビルの5階

〒600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680
インターワンプレイス烏丸Ⅱ 5階
LINXの無料相談は「相談料・着手金無料」「弁護士特約利用可」賠償金の増額がない場合は報酬を頂きません!まずはお気軽にお電話ください。LINXの交通事故無料相談 TEL:075-353-4116 [受付時間] 平日:9時30分~17時30分 メールでの相談予約は24時間受付