このページでご紹介するLINXの弁護士の解決実績

LINX FILE 041
【手靭帯12級】医師の協力でTFCC損傷証明し12級獲得&1200万円余補償

靭帯の損傷

肘又は手の靭帯を損傷した場合、MRI画像で明確に確認できれば12級が認定される可能性が高いです。自賠責は、主治医が靭帯損傷と診断した場合でも、画像上の異常所見が認められないとして、後遺障害として認めないことがあります。靭帯損傷か否かは、MRI画像の評価と関わり、極めて専門的で難しい判断になりますので、専門的知識のある交通事故に詳しい弁護士のアドバイスが必要となります。次の解決事例は、手首のTFCC(三角線維軟骨複合体)という靭帯が集合した部位が損傷したと診断されたものの、自賠責が後遺障害として認めなかったため、リンクスの弁護士が依頼を受けた事案です。

LINX FILE 041
【手靭帯12級】医師の協力でTFCC損傷証明し12級獲得&1200万円余補償

事案の概要

被害者女性は、自転車で走行していたところ、脇に止めてあった自動車の扉が開いて転倒し、手首を痛めてしまいました。

医師の診断の結果、TFCC損傷と判明し、自賠責に後遺障害診断書を提出しましたが、MRI画像上異常がなく、後遺障害と認められないと判断 されたため、リンクスの弁護士に依頼されました。

リンクスの弁護士の活躍ポイント

リンクスの弁護士は、被害者女性の主治医に、MRI画像上の異常所見を特定してもらうようお願いし、異議の申立てをしました。

その結果、障害部位が特定されたとして、12級の後遺障害等級が認められ、1200万円余りの損害賠償金を取得することができました。

リンクスは手の後遺障害等級の獲得実績多数

リンクスの弁護士は、800人以上の交通事故被害者の方から無料相談をお受けし、400人以上の交通事故被害者の方からご依頼頂いてきました。

その中で、数多くの手の後遺障害等級を獲得し、適正な補償を実現させてきました。

リンクスのススメ

リンクスでは、手の後遺障害でお困りの方適切な後遺障害等級認定を受け、適正な補償をお受け取りになられたい方をはじめ交通事故でお困りの被害者の方のため、無料相談 をさせて頂いておりますので、是非ご利用ください。

法律事務所リンクスの無料相談のモットーは、「敷居を低く、分かりやすく。」。
京都・関西の交通事故の被害者のみなさま、地元の法律事務所リンクスにお気軽にご相談ください。

私たち交通事故専門のスタッフがみなさまのお問合せをお待ちしています。

法律事務所リンクスは四条烏丸から南に徒歩4分

下京(旧五条)警察署の北隣のビルの5階

〒600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680
インターワンプレイス烏丸Ⅱ 5階
LINXの無料相談は「相談料・着手金無料」「弁護士特約利用可」賠償金の増額がない場合は報酬を頂きません!まずはお気軽にお電話ください。LINXの交通事故無料相談 TEL:075-353-4116 [受付時間] 平日:9時30分~17時30分 メールでの相談予約は24時間受付