このページでご紹介するLINXの弁護士の解決実績

LINX FILE 045
【下肢短縮等11級】リンクスの弁護士のアドバイスで11級認定&1800万円獲得

下肢の変形・短縮・癒合不全

大腿骨・下腿骨(脛骨・腓骨)を骨折脱臼した場合、様々な症状が生じる可能性がありますので、それぞれについて、後遺障害等級獲得の可能性を検討する必要があります。次の基準により、後遺障害等級が認められる可能性があります。

大腿骨・脛骨に癒合不全が残った場合程度により7級or8級
下肢の関節に可動域制限が残った場合程度により8級or10級or12級
下肢が短縮した場合程度により8級or10級or13級
大腿骨・脛骨に変形が残った場合12級
患部に頑固な神経症状が残った場合12級
患部に神経症状が残った場合14級

次の解決事例は、大腿骨の骨折の後、膝の可動域制限で12級、下肢の短縮で13級が認められ、総合して11級が認められたという事例です。

LINX FILE 045
【下肢短縮等11級】リンクスの弁護士のアドバイスで11級認定&1800万円獲得

事案の概要

被害者男性は、自動二輪車を運転していたところ、対向車線から右折してきた自動車に衝突され、大腿骨を骨折しました。

リンクスの弁護士は、被害者男性から、後遺障害診断書の作成前に依頼を受けました。

リンクスの弁護士の活躍ポイント

リンクスの弁護士が、被害者男性の話を詳しく聞き取り、後遺障害等級が認定される可能性がある症状について、検討しました。

その結果、被害者男性は、膝が曲がらないだけでなく、下肢の長さにもわずかに差が出ていることが判明しました。医師は、下肢の短縮について、単に両下肢の長さを測定するだけでよいと考えがちですが、自賠責で短縮障害の認定を受けるには、両下肢の全長をレントゲン撮影し提出しなければなりません。

被害者男性は、リンクスの弁護士のアドバイスに従い、レントゲンを撮影したところ、骨折した側の下肢が1cm短縮していることが判明しました。

その結果、被害者男性は、膝の可動域制限で12級下肢の短縮で13級が認められ、併合11級の認定を受けることができ、1800万円余りの損害賠償金を受け取ることができました。

リンクスは変形・短縮・癒合不全の後遺障害等級の獲得実績多数

リンクスの弁護士は、800人以上の交通事故被害者の方から無料相談をお受けし、400人以上の交通事故被害者の方からご依頼頂いてきました。

その中で、数多くの下肢の変形・短縮・癒合不全の後遺障害等級を獲得し、適正な補償を実現させてきました。

リンクスのススメ

リンクスでは、下肢の変形・短縮・癒合不全の後遺障害でお困りの方適切な後遺障害等級認定を受け、適正な補償をお受け取りになられたい方 をはじめ交通事故でお困りの被害者の方のため、無料相談をさせて頂いておりますので、是非ご利用ください。

法律事務所リンクスの無料相談のモットーは、「敷居を低く、分かりやすく。」。
京都・関西の交通事故の被害者のみなさま、地元の法律事務所リンクスにお気軽にご相談ください。

私たち交通事故専門のスタッフがみなさまのお問合せをお待ちしています。

法律事務所リンクスは四条烏丸から南に徒歩4分

下京(旧五条)警察署の北隣のビルの5階

〒600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680
インターワンプレイス烏丸Ⅱ 5階
LINXの無料相談は「相談料・着手金無料」「弁護士特約利用可」賠償金の増額がない場合は報酬を頂きません!まずはお気軽にお電話ください。LINXの交通事故無料相談 TEL:075-353-4116 [受付時間] 平日:9時30分~17時30分 メールでの相談予約は24時間受付