交通事故の補償は、保険会社という強大な敵との闘いです。
このような保険会社に立ち向かうには、被害者の方と弁護士とが力を合わせることが必要です。

私が交通事故を400件以上解決できたのも、被害者の方と力を合わせた結果です。

ここでリンクスの弁護士による交通事故の解決の仕方をご紹介します。

交通事故で正社員の内定を失った女性の話

その女性は、自転車で丁字路を直進しようとしたとき、脇道から丁字路に進入してきた車に轢かれ、膝の半月板を損傷しました。彼女は、この事故の前、昼夜を問わずアルバイトを掛け持ちしながら、正社員を目指して就職活動をしていました。事故直前に正社員の内定をもらっていたましたが、事故によってバイトも内定も失ってしまいました

しかし、保険会社は、これまでの彼女の努力は一切認めてくれませんでした。示談金の提示はたったの313万円。彼女はこれでは生きていけないと思い、足を引きずりながら、ご相談にいらっしゃり、依頼されました。

ただ、彼女は、交通事故でバイトも内定も失って自信を喪失していたところに、保険会社という強大な敵を相手にしないといけないことに、非常な不安を感じていました。

被害者の方と一緒に闘う

確かに、このご依頼案件は、交通事故の状況についてお互いの言い分が食い違っていたり、半月板損傷の治療経過についての診療録の記載が争われていたり、彼女が事故に遭わなければ得られたであろう収入の評価に争いが合ったり、問題が山積していて、彼女が不安になるのも当然でした。

そこで、私からは、「保険会社が相手でも、1つ1つ問題をクリアしていけば、きちんと解決することができます。そのためには、依頼者と弁護士が力を合わせることが必要です。」というお話をさせて頂きました。

彼女は、はじめは半信半疑であったものの、一緒に事故現場に出掛け、医師面談に同席するうちに、1つ1つ問題はクリアできるということに自信を持ってくれるようになりました。

そして、彼女は、自分が事故にあったということを受け入れ、前に向かって歩き始め、遂に、正社員として就職することができました。

裁判所での尋問後の笑顔

結局、この依頼案件は、保険会社が妥協しなかったため裁判になり、彼女の尋問が行われることになりました。

彼女は、尋問の場で、内定先を失ったことも悲しかったけど、ヒールを履けなくなりおしゃれできなくなったことや、母親と旅行に行けなくなったことは、女性として娘として情けないと、涙を流されました。

ただ、尋問後には、彼女は「やり切ったし、悔いはありません。」とおっしゃられて、笑顔で帰っていきました。

尋問の結果、事故状況については彼女の言い分が、半月板損傷の治療経過については彼女に問題なかったことが、事故がなければ得られたであろう収入は女性の平均賃金がそれぞれ認められ、1550万円で和解することに成功しました。

弁護士がすべきこと

被害者の方にとって、交通事故の適切な解決の仕方はそれぞれ違いますが、自分ひとりで保険会社と闘っていると、自分の交通事故の解決の仕方が見えなくなってしまいます。

そんな途方に暮れていらっしゃる被害者の方と共に、適切な解決の仕方を一緒に考え、それを実行するのが、弁護士がすべきことだと思っています。

ご依頼案件が終わっても、被害者の方の人生は続いていきます

リンクスは、交通事故被害者の方のための法律事務所として、被害者の方の今後の人生を少しでも良い方向に変えることができるよう、被害者の方と力を合わせて、交通事故を解決します。

法律事務所リンクスの無料相談のモットーは、「敷居を低く、分かりやすく。」。
京都・関西の交通事故の被害者のみなさま、地元の法律事務所リンクスにお気軽にご相談ください。

私たち交通事故専門のスタッフがみなさまのお問合せをお待ちしています。

法律事務所リンクスは四条烏丸から南に徒歩4分

下京(旧五条)警察署の北隣のビルの5階

〒600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680
インターワンプレイス烏丸Ⅱ 5階
LINXの無料相談は「相談料・着手金無料」「弁護士特約利用可」賠償金の増額がない場合は報酬を頂きません!まずはお気軽にお電話ください。LINXの交通事故無料相談 TEL:075-353-4116 [受付時間] 平日:9時30分~17時30分 メールでの相談予約は24時間受付