解決実績その1
治療費・休業補償の対応が不安な方

依頼前

保険会社の治療費・休業補償の対応が不安になりご相談

依頼後

100万円超の休業補償を含む416万円獲得

ご相談者のお悩み

被害者は、交通事故でむちうちになりましたが、保険会社の事故直後の対応が不安になったため、リンクスの弁護士にご相談にいらっしゃいました。

 

リンクスの弁護士のアドバイス

リンクスの弁護士は、むちうちの場合、通院をしていないと痛くなかったことにされてしまって、休業補償や後遺障害等級が認められなくおそれがあることをアドバイスし、計画的に通院することをアドバイスしました。

 

解決内容

その結果、後遺障害等級は14級、休業補償もむちうちでは異例の100万円超が認められ、416万円の補償を獲得することに成功しました。

もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

治療費・休業補償の相談がしたい

首・腰のむちうちで等級を獲得したい

解決実績その2
後遺障害診断書作成・等級認定が不安な方

依頼前

治療中に後遺障害診断書の作成が不安になりご相談

依頼後

正確な後遺障害診断書の作成により12級から10級にアップ

ご相談者のお悩み

被害者は、交通事故で肩を骨折しましたが、どのように後遺障害診断書を作成してもらったらよいのか、後遺障害等級が認定されるのか不安に思っていらっしゃいました。

 

リンクスの弁護士のアドバイス

適正な後遺障害等級を獲得するには、後遺障害診断書の内容が大事であるため、医師にきちんとした後遺障害診断書を作成してもらうためのポイントをアドバイスしました。また、診断書作成後にも、診断書の正確性をきちんとチェックしました。

 

解決内容

診断書の正確性のチェックがなければ12級止まりになるところでしたが、チェックにより見つかった誤りを医師に修正してもらいました。その結果、10級を獲得することに成功しました。

もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

後遺障害診断書・等級の相談がしたい

部位別の等級獲得方法・実績が知りたい

解決実績その3
後遺障害の等級認定結果に納得できない方

依頼前

むちうちで後遺障害等級が認められずにご相談

依頼後

綿密な異議申立書を作成して14級獲得

ご相談者のお悩み

被害者は、交通事故でむちうちになり、後遺障害診断書を作成して、保険会社に提出しましたが、後遺障害が認められなかったため、リンクスの弁護士にご相談にいらっしゃいました。

 

リンクスの弁護士のアドバイス

後遺障害が認められなかった理由を分析検討した結果、症状の一貫性の証明が不十分と考えたため、これを主張立証することで、後遺障害認定を獲得できる可能性があると考えて、綿密な異議申立書を作成しました。

 

解決内容

その結果、後遺障害14級の認定を受けることに成功しました。

もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

異議申立てをして等級を変更したい

解決実績その4
保険会社の示談提示額に納得できない方

依頼前

保険会社の示談提示額が少ないことに不安を持ちご相談

依頼後

示談提示額313万円→解決額1550万円

ご相談者のお悩み

被害者は、交通事故で半月板を損傷し、12級の認定を受けましたが、保険会社からは313万円の示談提示しか受けられませんでした。

リンクスの弁護士のアドバイス

示談提示が慰謝料の基準(相場)に合わないこと、被害者の怪我の重さや事故により得られなくなった収入が多額に上ることなどを主張立証しました。

解決内容

その結果、怪我の重さと事故により得られなくなった収入の証明に成功し、1550万円で解決することに成功しました。

もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

示談の提示額について相談したい

慰謝料の基準(相場)が知りたい

解決実績その5
保険会社と過失割合で意見が対立している方

依頼前

加害者が自らに過失はないと主張したためご相談

依頼後

加害者に6割の過失を認めさせることに成功

ご相談者のお悩み

被害者は、交差点に直進で進入した際、右折してきた自動車に衝突されました。加害者は、被害者の速度が時速100kmを大きく超えており、加害者には過失がないと主張していました(被害者は、事故で脳を損傷していたため、事故状況を覚えていませんでした。)。

 

リンクスの弁護士のアドバイス

警察の実況見分、鑑定、目撃者の証言など事故状況に関する証拠が多数あったため、証拠を精査することから始め、専門家の鑑定を仰いだり、新たな証拠を集めたりするなどして、それ程速度が出ていなかったことを証明しました。

 

解決内容

その結果、被害者の速度は時速80kmに留まっていたことが認められ、加害者に6割の過失を認めさせることに成功しました。

もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

過失割合について相談したい

解決実績その6
死亡事故の解決実績

依頼前

ご遺族が加害者・保険会社の不誠実な対応に不安を抱かれご相談

依頼後

赤字経営にもかかわらず収入が認められ3600万円獲得

ご相談者のお悩み

被害者は生前、喫茶店を経営していましたが、赤字経営でした。ご遺族は、加害者の事故状況に関するいい加減な供述や、保険会社が被害者の収入の可能性を認めないなど、不誠実な対応に疲れ果てていらっしゃいました。

 

リンクスの弁護士のアドバイス

まず、このままではご遺族の生活にとってよくないことから、すべてをお任せ頂くことをご提案しました。また、専門家として、赤字経営でも収入を得る可能性があることをご説明し、ご安心頂きました。

 

解決内容

その結果、被害者が収入を得る可能性が認められ、3600万円の獲得に成功しました。

もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

死亡事故の補償について相談したい

解決実績その7
高次脳機能障害の解決実績

依頼前

高次脳機能障害の将来の補償について不安になりご相談

依頼後

お客様の見込み3000万円→解決額7000万円

ご相談者のお悩み

被害者は、交通事故で高次脳機能障害(3級)となり、職場復帰はしたものの、以前のように働けず、将来の補償について不安を抱いていらっしゃいました。

 

リンクスの弁護士のアドバイス

保険会社が職場復帰をしたことを逆手に取り、将来の補償の減額を主張してきたため、被害者の職場に伺って、被害者が被っている不利益を細かく主張立証しました。

 

解決内容

その結果、お客様が想像していたよりも4000万円アップの7000万円で解決することに成功しました。

もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

高次脳機能障害について相談したい

解決実績その8
脊髄損傷の解決実績

依頼前

脊髄損傷の等級認定が不安になりご相談

依頼後

保険会社の見込みより5等級アップの4級認定&4189万円獲得

ご相談者のお悩み

被害者は、交通事故で脊髄損傷を負いましたが、保険会社の後遺障害等級認定に不安を感じ、リンクスの弁護士にご相談にいらっしゃいました。

 

リンクスの弁護士のアドバイス

脊髄損傷の場合、適正な後遺障害等級が認定されるには、様々な検査を受けた上で、必要な情報を後遺障害診断書に記載してもらう必要があるため、そのポイントをアドバイスしました。

 

解決内容

その結果、保険会社見込みよりも5等級アップの併合4級の認定を受けることに成功し、4189万円の補償を獲得しました。

もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

脊髄損傷の補償について相談したい

リンクスはお客様の状況に合った解決方法をご提案

リンクスの弁護士は、800人以上の交通事故被害者の方から無料相談をお受けし、400人以上の交通事故被害者の方からご依頼頂いてきました。

その中で、お客様の状況に合ったオーダーメイドの解決を実現してきました。

リンクスのススメ

リンクスでは、どのような解決が自分に合っているのか悩まれている方慰謝料を大幅に増額させたい方をはじめ交通事故でお困りの被害者の方のため、無料相談をさせて頂いておりますので、是非ご利用ください。

法律事務所リンクスの無料相談のモットーは、「敷居を低く、分かりやすく。」。
京都・関西の交通事故の被害者のみなさま、地元の法律事務所リンクスにお気軽にご相談ください。

私たち交通事故専門のスタッフがみなさまのお問合せをお待ちしています。

法律事務所リンクスは四条烏丸から南に徒歩4分

下京(旧五条)警察署の北隣のビルの5階

〒600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680
インターワンプレイス烏丸Ⅱ 5階
LINXの無料相談は「相談料・着手金無料」「弁護士特約利用可」賠償金の増額がない場合は報酬を頂きません!まずはお気軽にお電話ください。LINXの交通事故無料相談 TEL:075-353-4116 [受付時間] 平日:9時30分~17時30分 メールでの相談予約は24時間受付