このページでご紹介するLINXの弁護士の解決実績

LINX FILE 032【抑うつ14級】就労制限強く主張し600万円の補償獲得

精神の病

交通事故で発症する精神の病には、PTSD、うつ、抑うつ、不安障害、適応障害など様々な病がありますが、交通事故による後遺障害等級認定では、非器質性精神障害と呼ばれます。非器質性というのは、脳に損傷がある器質性の精神障害ではないということです。非器質性精神障害が後遺障害として認定されるためのポイントは、交通事故の後、症状が発症した段階で、すぐに医師に症状を伝えるとともに、できる限り早くに精神科医等の専門医を受診することです。そうしなければ、交通事故との因果関係が否定される可能性があります。

非器質性精神障害の後遺障害等級は、その程度によって、

9級、12級、14級

に分かれます。

後遺障害等級認定に当たっては、単に後遺障害診断書を提出するだけでは足りず、「非器質性精神障害にかかる所見について」という特別な書式の診断書に詳しい症状を記載してもらって提出する必要がありますので、注意が必要です。この診断書に記載された症状は、後遺障害の補償を請求する際の根拠にもなりますので、記載内容はとても大事です。

リンクスの弁護士が、この診断書の記載に基づいて、被害者の就労制限を強く主張した結果、600万円の補償が認められた事例をご紹介します。

LINX FILE 032【抑うつ14級】就労制限強く主張し600万円の補償獲得

事案の概要

被害者男性は、交通事故に遭って、首と腰を痛めて、整形外科に通院していましたが、次第に抑うつ状態となり、就労時間を減らしてもらわなければ働けない状態になってしまいました。被害者男性は、このような精神状態で、自ら後遺障害等級認定手続や示談交渉を進める自信がないと考え、リンクスの弁護士に依頼をされました。

リンクスの弁護士の活躍ポイント

被害者男性が精神科に通院したのは3ヶ月後でしたので、抑うつ状態と交通事故との因果関係を認めてもらえるか微妙だと考え、整形外科でも抑うつ状態を訴えていたか確認しました。

その結果、被害者男性が事故後1ヶ月程度で抑うつ状態を訴えていたことが明らかとなりました。

被害者男性に「非器質性精神障害にかかる所見について」の記載についてアドバイスをした結果、精神科医は記載内容を充実させてくれました。被害者男性が就労自体は可能であったこともあり、後遺障害等級は14級でしたが、「非器質性精神障害にかかる所見について」に記載された詳しい症状をもとに、就労制限の程度を強く主張したところ、600万円の示談金が認められました。

リンクスは精神の病の後遺障害等級の獲得実績多数

リンクスの弁護士は、800人以上の交通事故被害者の方から無料相談をお受けし、400人以上の交通事故被害者の方からご依頼頂いてきました。

その中で、数多くの精神の病の後遺障害等級を獲得し、適正な補償を実現させてきました。

リンクスのススメ

リンクスでは、精神の病の後遺障害でお困りの方適切な後遺障害等級認定を受け、適正な補償をお受け取りになられたい方 をはじめ交通事故でお困りの被害者の方のため、無料相談をさせて頂いておりますので、是非ご利用ください。

法律事務所リンクスの無料相談のモットーは、「敷居を低く、分かりやすく。」。
京都・関西の交通事故の被害者のみなさま、地元の法律事務所リンクスにお気軽にご相談ください。

私たち交通事故専門のスタッフがみなさまのお問合せをお待ちしています。

法律事務所リンクスは四条烏丸から南に徒歩4分

下京(旧五条)警察署の北隣のビルの5階

〒600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680
インターワンプレイス烏丸Ⅱ 5階
LINXの無料相談は「相談料・着手金無料」「弁護士特約利用可」賠償金の増額がない場合は報酬を頂きません!まずはお気軽にお電話ください。LINXの交通事故無料相談 TEL:075-353-4116 [受付時間] 平日:9時30分~17時30分 メールでの相談予約は24時間受付